2006年02月28日

「天下人」発売まであと2日!! IFシナリオが面白い!

さあ、いよいよ明後日3月2日木曜

「天下人」が発売されるぞ!!

発売後も、ここでは逐一その面白さを
フォローしていくから、楽しみにしててくれ!!

さて、各編のシナリオが多彩な分岐をする事は、
前にも書いたけど、
今回はその中でも「IFシナリオ」について、詳しく紹介しよう。

歴史なんて物は、壮大なる偶然の積み重ね
「もしあそこで誰々の到着が遅れていたら…」とか
「あの合戦で誰々が援軍についていたら…」とか想像するのも
歴史の一つの楽しみ方。

この「天下人」では、その想像(妄想?)上の合戦、歴史を
再現してくれているシナリオも多数用意されているんだ。

 野氏「…ここでこいつが加勢してくれるとは思いませんでしたよ」

 Y殿「意外そうに見えて、シナリオ的には伏線があったりするのよ
    史実的にも、そう転ぶ可能性もあったらしいわ」

 野氏「へー… この二人が実際に組んでいたら、
    その後の勢力図もずいぶん変わったんでしょうねぇ」

 Y殿「世は常にうつろいゆくもの。
    先の事など誰に見通せぬ……
    それが乱世の理(ことわり)であろう?」

 野氏「は、はぁ…(また取り憑かれたな)」

戦国ファンなら、思わずニヤリとしてしまうような
武将同士の因縁や、共闘、そして反目
また新解釈による武将の思惑など、

興味の尽きない「IF」の連続なんだ。

0228a.jpg

是非「今まで見た事のない乱世の終わり」
君の目で確かめてみてくれ!!


ところで今日、2月28日(旧暦)は
1581年(天正9年)
信長が京で天覧馬揃えを行った日だ。

この馬揃えというのは、きらびやかに着飾った武将たちが
愛馬・名馬に跨り、行進するという行事。
だが華やかな反面、同時に鉄砲・弓・槍隊なども連なり、
今で言うところの「軍事パレード」の意味合いも強かったんだ。

かなり豪華な催しだったようで、
当時の正親町天皇が熱烈アンコール、
3月の初めにも行われているほど。

信長率いる騎馬武者の行進は、さぞかし壮観な眺めだったことだろう。

その雰囲気は、この「天下人」の中でも
随所で再現されているから、要チェックだ!!


posted by 野座羅氏 at 19:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

「天下人」発売まであと3日!! 島津大維新編

もう予約は済んだかな
今からでも特典が間に合うお店もあるぞ!

今すぐお店に急げ!!

というわけで、今回は最後の「島津大維新編」の紹介。

…前回でもチラッと書いたけど、

この島津編、難易度は全編一かもしれない。

※土日丸々費やして、やっとこさクリアできました。

何しろ序盤は味方武将が少ない!
※兄弟で頑張るから、団結力はあるんだけど。
その上、敵は曲者揃いが大軍で押し寄せてくる合戦。

0227a.jpg

また序盤の合戦では、島津義弘は「近接戦闘型兵種」で、
どうしても肉弾戦勝負となるから、
攻め時や引き際の見極めが重要となってくるんだ。

0227b.jpg

パワープレイが主体となる島津編だけど、
もう一つの特色は…

 野氏「…何すか? この『特命』?」

 Y殿「オホホホホ! 面白いでしょ?
    他のゲームでは見られぬ戦略であろう?」

 野氏「…戦略なんすか? これって『苦しい時の…』」

 Y殿「おっと! それ以上はヒ・ミ・ツ(はあと)
    買ってプレイしてからのお楽しみ!
    オホホホホホ!!」

 野氏「……」

みんなも是非、この島津ならではの『特命』、
プレイして体験してみてくれ!

0227c.jpg

途中から参戦してくる軍師、

吉岡林の艶姿にも
大注目必至!!

漢気溢れる島津の戦
さあ、君はどう戦うか!?


ああそうだ、一つお知らせがあるんだ。
セガダイレクトさんの予約特典、

『天下人 DXパック』の家紋入り杯の色が、
更に渋く、かっこよく変更されたんだ。

是非ともこの機会に予約して、その手にとってみてくれ!

ちなみに、今日2月27日(旧暦)は
1594年に豊臣秀吉が家康らと共に、吉野で花見を行った日なんだ。
これも何かの縁かもしれないねぇ。
posted by 野座羅氏 at 20:03 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

成長する武将 鍛えていく楽しみ

昨日も書いたとおり、100人を超える武将

参戦するこの「天下人」

全員が味方となるわけでは勿論ないが、

かなり「多種多様・大軍勢の編成」が可能となっているんだ。

更に、この武将たちは、戦の経験を積み、
「成長」していく。

0224a.jpg

この成長も「通り一遍のレベルアップ」ではなく、
ある兵種でのレベルが一定の値まで上がると
上の兵種(それも複数の場合もある)へと
ステップアップが可能になる。

つまり同じ武将でも、合戦によっては
「兵種を使い分ける」事も出来るわけだ。
これは実際、便利な機能で、
長距離支援重点で軍勢を組みたい、近接攻撃部隊を増やしたいなどの
戦略も実現できる。

0224b.jpg

入手した特技・装備した武具によっても、
同じ武将・兵種でも、その個性(能力)は違ってくるし、

まさに「オレ武将」に鍛え上げる楽しみがあるって事!!

通常の合戦だけでは、鍛え足りない!!
という人もいるだろうけど、
そこはご心配なく!!

「鍛え専門」の場、「鍛錬」も用意されているから、
心置きなく「オレ武将」を鍛え上げてくれ!!

そして…  当然?のごとく電話だ…

 野氏「はい、もしもし…」

 Y殿「野座羅氏さん、まだ島津編は最後まで行ってませんでしたよね?」

 野氏「…は、はい」

 Y殿「では、この週末にプレイしてくださいますよね?」

 野氏「え…っと、友達との約束がですね…」

 Y殿「…ほほう。では、これまでの褒美を返上すると?」

 野氏「いえ、そればかりは御勘弁を…」

 Y殿「一度引き受けたからには最後まで使命を完遂するのは
    そなたの務めであろう? オホホホホ!!」

 野氏「…わかりました、お伺いします…」
   (いつのまにか使命になっちゃったよ…)

というわけで、島津編の詳細は、
週明けに更新しようと思う。

乞うご期待!!


あと、eb エンターブレインさんより

攻略本「天下人 最終攻略指南書」が発売になる予定との事。

上に書いた装備や兵種の事もより詳しく載っているはず。

獅子猿氏書下ろしの表紙がまたまた素晴しくカッコいいらしいぞ!

詳しくは今日発売のファミ通今週号をみてくれい!
posted by 野座羅氏 at 15:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

登場武将数の多さ! 結構マイナーな人までいたりする

さあ、伊達編まで紹介してきたこのBlog、

今回は最後の島津大維新編!!

…と行きたい所なんだけど、
実はまだ島津編は殆どプレイしてないんだ、これが。
さすがの俺も土日のみでは伊達編までが精一杯でした。

島津編序盤の印象的に、
これは気合入れてかからないと…って事で
日を改めさせて貰ったという訳です、ハイ。

まあ、島津編の紹介を楽しみにしておいてくれ!
(って俺から週末潰す宣言かよ?)

さて、もう発売まで1週間を切ってしまった

「天下人」!!

実はこのゲーム、
すでにあちこちの雑誌などで紹介されている
主人公クラス以外にも
敵味方共に有名&マイナー武将が参戦してくるんだ。

例えば家康編では
本多忠勝をはじめ徳川四天王本多正信、服部半蔵、
他の編でも
竹中半兵衛、滝川一益、藤堂高虎らが
味方として、その力を揮ってくれる。

0223a.jpg

一方、敵には、毛利元就を始め、隆元・元春・隆景の毛利三兄弟
三好三人衆、武田勝頼、風魔小太郎などが
主人公たちと相まみえる。

敵味方合わせて登場する武将の数は、

優に100人を超える!!

しかも、それぞれがキャラクタ立ちまくりの台詞や顔で、
合戦を盛り上げてくれるんだ!

戦略的にも「武将の個性」は顕著で、
仲間さえ出し抜いて先駆けを仕掛けてくる者、
逆に臆病風に吹かれて、逃げの一手を決め込む者など
千差万別。

それを見てるだけでも結構楽しかったりするし、
随所に「史実絡みのエピソード」も散りばめられていて、
戦国・歴史好きなら思わずニヤリとする場面も盛りだくさんだ。

 野氏「うわ、よくこんなマイナーな武将出しましたね?」

 Y殿「…己が命を賭け、何事かを為さんとしている武将に
    有名無名は関係ありませんわ」

 野氏「まあ、そりゃ確かにそうですけど…」

 Y殿「もののふ共の血と汗と涙、そして魂の息吹を感じるがよい!
    オホホホホ!!」

 野氏『…ああ、もうこれは間違いなく「あの人」に取り憑かれてるな』


とにかく、多数の武将たちが大軍勢同士で入り乱れる
「天下人」の合戦を体験せずに

「戦国シミュレーション」を語るなかれ!!


あと、明日2/24発売

週刊”ファミ通”は要チェックらしいぞ!
posted by 野座羅氏 at 18:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

歯応えありまくり! 独眼鬼政宗編

前回はトリッキーな戦略熱い家族愛が見所の真田編だったが、

今回取り上げるのは、

その鎧姿も凶悪な雰囲気漂う伊達政宗編。

D01.jpg

…既に、人ならざるもの的シルエット。
その劇中の言動も

「斬り捨てろ!」連呼の冷酷さ。

D02.jpg

ああ、こういう非情さも戦には確かに必要だ、ウン。

この編の戦略の方向性は、主人公側は割と正攻法なんだが、

の軍団がイレギュラーな戦術パターンを容赦なく頻発。

※誰がメインの敵となるかは発売までのお楽しみ!

ただでさえ一筋縄ではいかない上に、援軍が次から次へと繰り出され、

序盤は大苦戦必至だろう。

D03.jpg

だがそれを封じ込めて撃ち破った時の爽快感たるや!!

これは全編を通じて一番かもしれない!!

そう思いながらプレイしていたら、制作元のY殿が背後に!!

 Y殿「…そう簡単にクリアできませんわよ、この伊達編はね」

 野氏「うわっ! …急に後ろに立たないで下さいよ」

 Y殿「よそ見してる場合? ほら、佐竹の軍勢が…」

 野氏「げっ!! この部隊、足早っ!!
    くそっ!! 後ろも塞がれてる!!」

D04.jpg

…ここまで三編こなしてきて、それなりに「コツ」がわかっていたつもりの
俺でさえ、あえなく轟沈

褌締め直して、挑まないと敵わないって事か、この伊達編は!

 Y殿「精進・鍛錬無しには、そう容易くは進めませんのよ。
   オホホホ…」

 野氏『……絶対あの方に取り憑かれとるな、こりゃ』

合戦が進むにつれ、政宗の冷酷さの裏に潜む
哀しみと迷いが見え始めてくる。

乱世の末期に生まれたが故の、政宗の決断

それを厳しく、またある時は優しく見守る

片倉景綱をはじめとする家臣たち…

D05.jpg

そして最大の敵に対する恐れと憧れ

是非とも、若き当主の苦悩と生き様を、

君も味わってみてくれ!


あ、本日友人からメールが来ていた。

内容は相変わらずアキバ通いの与太話だったが

添付ファイルに珍しく画像が入ってた。

>なんか、この間●●が色々騒いでたゲームが祖父地図本店に
>看板でとったよ、ほら。
※●●は俺本名故、割愛

kanban sm.jpg

こんな文面と共に入ってたのは上の画像。(一部修正有り)

なかなか宣伝にパワー入っとるねぇ…。

結構前から出てるらしいんで見た人は多いと思う。

俺も今週末お出かけついでに見に行こうかと思うが…

ん? なんか今微かにオホホ…と聞こえたような?

空耳か?

も、もしや、また週末は召集されてしまうんだろうか?
posted by 野座羅氏 at 17:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

大技、小技の連続 真田大勇士編

正攻法の信長編、初心者向けの家康編と紹介してきたけど、

今回は真田編

C01.jpg

この真田編、前二編とはかなり趣が異なるんだ。

実際にプレイしていた時の制作元との会話。

野氏「…なんか今までとは、戦略ががらりと変わってますね

Y殿「おわかり? 真田編はトリッキーな戦法が命なの」

野氏「今まで通りの真っ向切っての勝負じゃ
   太刀打ちできない相手も多いって事ですか」

Y殿「おまけにシナリオ分岐が一番多い編でもあるのよ、ここは」

野氏「ふーん…… うわ!? 何すか、この火炎の技は?」

Y殿「これこそ真田の誇る奥義、火計でしてよ。オホホホホ」

野氏「は、はあ(Y殿もかなりキャラ変わって来たなぁ…)」

C03.jpg

この火系の技、画面一杯に広がる炎の凄まじさ
敵の兵が木っ端のように吹き飛んでいく爽快さ
とんでもない特技だ!

また、この真田編では
主人公の幸村を強力にバックアップする
父・昌幸兄・信幸との連携も特徴だ。
幸村は騎馬・槍などの近接攻撃特化型
信幸は弓を使った長距離支援
昌幸は忍系で、工作などの特殊技能に長ける

これほどバランスの取れた組み合わせの布陣
最初から使えるのも魅力だ。

そして親兄弟ならではの熱き思いの交錯
そして確執……
合戦は勿論の事、ドラマ的にも他の編にはない見所が満載だ!

C02.jpg

戦乱の世に翻弄される家族の絆、真田家の運命
プレイヤーの采配にかかっているぞ。

是非とも、実際にプレイして確かめてみてくれ!


ところでもう「天下人」PVのDVDは手に入れてくれたかな?

PVDVD.jpg

全国の店舗で、

2月10日から

「先着10万枚」に配布している

このゲームのプロモーション映像、

デモムービーや合戦シーンががたっぷり詰まった

映像DVDだ。

勿論、無料で配布中だから、一足先に

このゲームの凄さの一端を感じてくれ!
posted by 野座羅氏 at 18:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

金曜夜にまた制作元から電話がかかってきた。

Y殿「野座羅氏さん、
   この前って信長編しかプレイしてませんよね?」
野氏「他の編もやりたかったんですけどね、時間がなくて……」
Y殿「でしたらこの土日で、他の編もやりません?」
野氏「そらまた急ですねぇ、
   土日はちょっと友人と約束あるんで…」
Y殿「おやおや残念ですねぇ、
   今回の御褒美はコレなのに…」
野氏「!!…あ、約束は来週だったんですよ!
   明日は何時からでしょうか?アハハ…」
Y殿「オホホ…じゃあ頼みましたわよ」

…というわけで、「特命:御褒美寄せ」を発動された俺は
まんまと調略され
この2日間、どっぷり首まで「天下人」漬け(w

では今回は「家康編プレイ」を紹介しよう。

何故「家康」からかというと5つのストーリー中で客観的に
一番プレイしやすいと思われるから。要点さえ抑えればサクサクと
進むんで初心者はまず家康で天下を取るのが野座羅氏のオススメ!

B01.jpg

で、最初は家臣が少ない家康編、
まずは軍議などで合戦内容を確認、戦略を立てる。
お次は武将の配置

B02.jpg

MAP上にいくつかの配置ポイントがあるので、
武将の兵種・能力などを考えて、効果的に配置していかなきゃならない。
配置操作そのものはカーソル移動で簡単に出来るんだけど、
これが結構頭を使うところ。
せっかくの武将の能力も、配置次第で「無駄」にもなってしまうかも。
色々悩むけど昔の武将もこういう風に作戦練ってたと思うと感慨深い。

で、いざ合戦が始まると、全てがリアルタイムにドンドン進行する!

B03.jpg

移動や攻撃はカーソル移動でスムーズ操作なんだが、
敵はこちらが移動中にもガンガン攻めたててくるし、
味方の本陣を狙いに突撃してくる部隊もいる。
その移動も、地形や陣形によっては同じ部隊でもかなりの差が出てくるから、
そこら辺も考えながら武将を動かさなきゃいけな……

B04.jpg

って、そんなこと言ってるうちに敵に援軍が登場!
ここはとりあえず、兵の特技で突破して……と。
うわ! この部隊、馬鹿強いじゃねえか!

B05.jpg

兵数がどんどん減っていく……
一旦本陣に戻って、兵力復活させたいけど、
味方の本陣は遠くて、戻る事は難しいか。
ここは一つ、主人公の御家芸で全部隊の兵力を復活させる事にしよう。

……とまあこんな感じで合戦は進んでいくが、敵ばかりではなく
自分も戦場の中で臨機応変に敵の裏をかいて
奇襲、挟撃なんていう作戦もつかえるわけ。
慌てず落ち着いて戦況を見れば必ず勝機を見出せるぞ。

戦い抜いていくと、はじめは小数だった家臣団・武将達も徐々に増えていき、
また別の武将からの援軍や共闘も出来るようになっていく。

最終的には十数を超える部隊、数万の兵士を同時に指揮できるんだ。
ここまで来ると武将たちもかなり成長して、上級の兵種にもなっているし、
使える特技や武具も強力。
頼もしくなってくるんだけど、当然敵も強力な軍勢が出てくるようになるから、
気を抜くわけにはいかないぞ。

他の武将編や攻略法なんかも随時紹介していくから
公式サイトとこのブログを要チェックだ!

gasyuu all.jpg

はい、そしてこれは今回のテストプレイの”御褒美”として
Y殿より拝領した
噂の予約特典、「天下人 戦国武将肖像画集」だよ。

実は、よくある映画のパンフレット程度かなとか思ってたんだが…
見た瞬間に、これ幾らで売るんですか?と思ったほど豪華な画集だ。
この俺があっという間に調略された程にね。

デラックスなハードカバー、当然フルカラー
そしてこのBIGサイズ!!
中には獅子猿氏のキャラ設定書き下ろしイラスト
またゲーム内合戦場の美術設定なども掲載されていて、
盛りだくさんな内容。
これが予約するだけで無料で付くなんて、大変な気合の入れ方だ。

是非とも手に入れるべし、今すぐ予約にお店へ出陣だ!
(もう一冊俺も保存用に予約確定)
posted by 野座羅氏 at 18:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

……初回の書き込みを見た制作元から、電話が来た。

ネタバレで怒られるかと内心ビクビクしてたら、


「天下人のセールスポイント、もっと書きまくって下さいよ」

「……はぁ、でもほら、一応オレ、部外者ですし……」

「まあ、色々な方にお願いしてみたんですが、野座羅氏さんのが

 一番センス良いんで、ほら今度リニューアルもするし

 この際、とっとと公式Blogって事にしちゃいましょうよ。

 その方がこちらからの情報も流しやすいですし(はあと)」

「(こ、この間オレだけって言ってなかったけ?)

 わ、わかりました。では、宜しくお願いします……」


というわけで、めでたく?

「天下人」公式Blogとなっ(てしまっ)たここでは、

このゲームの「凄いところ」をガンガン紹介していこう!


前回は「大軍勢VS大軍勢」の面白さを書いたけど、

今回は、多彩に分岐するシナリオについて伝えよう。


オレが実際にプレイしたのは、信長編だけなんだけど、

それでも「あっと驚く分岐」が仕込まれていた!

信長はあの●●●では死なずに再起、覇権を奪取したり、

盟友だったはずのあの武将と天下を賭け大激突したりと……

とにかくいい意味で「裏切られるような展開」がてんこ盛りだ。

また敵味方共に、大将の脇を固める「濃い武将達」にも注目。

合戦だけではなく、ドラマとしても面白いゲームだ!

詳しくは、是非、実際にプレイしてみてくれ!

きっと君の「度肝を抜く対決」が、繰り広げられるぞ!!

発売まであと2週間を切ったぞ!

060217s.jpg
あと、これはテストプレイの時、お礼にと貰えた

店頭販促用のポスターその1(短冊バージョン)だ!

主要キャラ全員分のバージョンがある。

いくつ店頭で見たかな?

それぞれのキャラに合わせたキャッチコピー

なかなかぐっと来るぞ!
posted by 野座羅氏 at 21:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

苦節約五年、相当難産だったらしい…

さて、この間のテストプレイの時、開発されたスタッフの方も
おられたので色々話をさせて貰ったんだが、この「天下人」は
かなり長期にわたる開発だったらしい。

戦国SLGを作り始めたのが約5年前、「天下人」という
名前になったのが約3年前、ゲーム内容も色々と紆余曲折した
みたいだが、当時は戦国物ゲームのブームなど無く一社独占の
ような状態の中、試行錯誤して出来たのが今のRTS+RPGの
システムだったとの事。
その間、他の仕事もこなしつつコツコツと作り続けていたらしい。
凄い執念だよ、まったく。

また、他社より戦国タイトルが発表される度にゲームシステムが
似ていないかドキドキして、発売後実際確認してみて「ホッ」と
する…の連続だったとの事。

それでも折角作っていたのに、先に出たタイトルで類似した内容が
あったので、泣く泣くカットしたという要素は結構あったらしい。

今に至るまでそんな人知れぬ苦労が有った事を聞いて、改めて
オリジナルのゲームを作るのは難しい事なんだと思った
次第です、はい。

tenka_pr.jpg

これは3年前に作った「天下人」のプロトタイプのチラシとの事。
よく見ると出陣にタイムマシンが必要…
posted by 野座羅氏 at 22:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

戦国合戦物のシミュレーションに 新たな息吹を吹き込む!!

・・・と勝手に思い込んでいる意欲作!

「天下人」2006年3月2日発売!!

で、唐突に始まったこのBlogは、この新作ゲームを密かに
だが出来るだけ多くの人に魅力を伝え、応援しようと考えた
「野座羅氏」が先日思い切って制作元に問い合わせたら
「じゃあ素材支援するんで、はやりのブログでもどうですか?」とか
言われてその気になって勢いでやっちゃいました・・・てな物です。

色々自分の思っている戦国ゲーム論を熱く語ってたら面白い奴と
思われたのかこないだ都内某所に呼ばれて

「天下人」を一足お先にプレイさせてもらえたよ!

(勿論、秘密厳守という書類は署名した)
期待通りの面白さで、ほぼ半日ぶっ続けでやり倒した。
まさしくこれぞ合戦!
生きている兵士・軍団を動かす面白さを存分に味わったよ。
色々細かい内容を書きたくてたまらんのだが、
約束で今はまだ出せないのが残念・・・

でも、大まかになら構わない(チェック入るかもしれんが)
との事なので、発売まであとわずかだけど、
自分が感じたこのゲームの「凄いところ」を
順次紹介していこうと思う。

なんといっても圧巻なのは、

「大軍勢VS大軍勢」をリアルに再現し

ている「合戦」だ!

兵は部隊ごとに「兵種」が異なり、

それに合わせた攻撃・運用が出来る。

スピードを生かした騎馬隊、近接戦闘に特化した槍隊、
工作技能を持つ部隊、長距離援護なら弓隊・鉄砲隊などなど
目的・布陣・地形などに応じ、自軍の編成を組み替えて、
合戦を楽しめるんだ。

正に「自分の軍隊」を、思う存分操れる楽しさ!

更に配下の武将たち(主人公も含めて)は、
その経験によって成長、新たな技や武具を取得、
レベルが上がれば上のランクの兵種へとステップアップも出来る。

自分の軍勢を強く育て、かつ戦略を練り、敵を討ち破る!
これで燃えないシミュレーション好きはいない
っていうぐらいに
いろんな要素が袖め込まれているゲームなんだ、

この「天下人」は。

とまあ、こんな感じで
いろいろお伝えしていこうと思うので、
これからも宜しく!!

目指せ! 公式Blog化!(w
posted by 野座羅氏 at 15:37 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。